盗難にあった場合 

 }PgžxQ自動車が盗難にあった場合、大きく2つのケースが考えられます。
プロの窃盗集団によるケースや、目的が窃盗ではなく、逃走用や安易な目的として盗まれるという2つのケースです。
近年では、Nシステムで、幹線道路などで、緊急配備の車両を特定できることから、安易な車両窃盗が検挙に至るケースは高くなったと言えます。
とくに窃盗に合った車両で事故を起こしたり、強盗などに使われることもあるため、走る凶器と化すこと}PgžxQもあるため自動車の窃盗は非常に警戒しています。
一方、プロの窃盗集団による犯行の場合、セキュリティの高度な解除方法を熟知しており、短時間での窃盗を可能にし、足のつきにくい犯行を企てるでしょう。
一応、被害届は出しておくことが大切ですが、プロの窃盗集団により車が盗まれた場合、戻る確率はほとんどありません。
大抵の場合、国内で足が付きやすいことを想定して海外に転売されるケースが多いでしょう。
車両窃盗にあった場合、保険会社に車両補償として窃盗に対する補償が備わっているかを確認しましょう。
自動車損保の加入で、補償が付随している場合、被害に会った年度の車両の価値として現金による補償が受けられるサービスを行っているので確認しておくと良いでしょう。

TOPへ戻る