自動車から離れるときは必ずロックすること

2015年5月23日 / 未分類

盗難対策として最も基本的なことは少しの時間であっても、自動車から離れる時には必ずロックをするということです。
特にコンビニなどに立ち寄る時などにはわずかな時間だからと、エンジンを掛けっぱなしにして車から降りてしまうという人も少なくありませんが盗難というのはそのような一瞬の隙で行われることが多いため例えわずかな間であってもロックをする必要があるのです。

本気で盗もうという意思のある相手に対してはロックをしただけで盗難を防ぐことは出来ませんが、どの車を盗もうか品定めをしている相手に対しては効果があり鍵がかかっている車とかかっていない車では標的になりやすいのは当然、かかっていない車ということになります。

また、車自体だけでなく車の中の盗難防止にもロックは重要なもので、こちらも相手が本気で車の中の物を盗んでいこうと思った場合、ロック程度では意味がありませんが標的を探している段階であればロックがかかっている車をわざわざこじ開けたりするよりもロックのかかっていない車を狙ったほうが効率が良いためロックのかかっていない車が標的となりやすくなります。
そのため、ロックをするだけでも盗難の被害にあう可能性は減らすことができるため、車から離れる時にはロックを必ずする必要があるのです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る